2017 / 10
≪ 2017 / 09 2017 / 11 ≫
Page.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Page.903

 紅葉の季節ですね。
 京都では色々なところで“紅葉”にまつわるイベントが行われています。

 私もたまには自然にでも触れて気分を変えようと思い、京都ではありませんが滋賀県にある石山寺に少し前に行ってきました。石山寺は紫式部にも深く関係しているので、「源氏物語千年紀」のイベントなど紅葉以外にも興味深いものが沢山ありました。紅葉も勿論、ここ数年の間では1・2位を争うくらいに素晴らしかったです。

 しかし一方で、紅葉は本当にとても綺麗なんですが、石山寺は京都のお寺と違って、自然の存在感が尋常じゃないんですね。自然に元気をもらいに来ているつもりが、自分の生気を自然に吸われているような気持ちが段々してきました。うまく言葉では言い表せませんが、自然に威圧されているような感じです。

 「紅葉は綺麗だけど、一方で何だか怖い」という何だか複雑な気持ちを味わった一日でした。

副長補佐 中村


【石山寺】
 昔から寺は人里離れた所にありましたね。
 修行する聖地の意味が強かったのかも知れません。

 石山寺は、住まいする宇治と瀬田を結ぶルート上にあることや、自然庭園の趣もあって、何度も行ったことがあります。
 正月の早朝などに、気晴らしドライブしたときは、よく立ち寄りました。

 中村君の記事を読んでいて、石山寺に同じ感想をもっていると、気付きました。むしろ、これまで何度も通って、自分で言葉に出来なかった独特の感じを、君がまとめていることに感心した次第です。

「自然の存在感が尋常じゃない」
 こういう表現は絶品ですね。そしてこういう感性を持った人が、機関誌Truthの編集をまとめていく立場であることに、せんせはものすごい喜びを味わいました。
この記事へコメントする















09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。