2017 / 10
≪ 2017 / 09 2017 / 11 ≫
Page.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Page.814

9月は彼岸花が咲く時期ですね。
私は彼岸花が大好きです。
地元では田んぼの脇なんかにたくさん咲いていて、通学中それらを眺めるのがすごく好きでした。
でも、京都に来てからはほとんど見られなくなってしまいました。
遠出をすれば見られるのでしょうが、通学中なんとなく眺めるのが好きだったので残念です。

なので、母に頼んで地元の彼岸花の写真を送ってもらいました。
清水寺のような立派な場所で咲いている彼岸花より、しょうもない田舎の道端にぽつんと咲いている彼岸花に魅力を感じます。

higanbana

 

局長 山村



【】
お~、送ってもらったんや~^^
鴨川沿い歩いたらあるかな~
散歩行きたいな~
【】
小学生の頃の通学路に田んぼはありましたが、何か咲いていたという記憶はないですね(+_+)

もともとあまり花に関心を向けた事がないですが、今度母が玄関で活けている花を、きちんと見てみたいと思います★
生活の風景の一部ともなると気が向かないですね(^^;;)
【彼岸花=曼珠沙華】
山村君の感性は一つステージが異なりますね。彼岸花は私も小学校時代に行き返りに眺めました。まだ、一面が田んぼや畑だったころのことです。

しょうもない田舎と自虐的におっしゃるけど、私がそだった嵯峨野も、今の葛野も、田舎です。田舎育ちだと、自分は思っているし、それが気楽です。

都会には水辺も花も空も虫も、なにもないですね。だから、都会には彼岸花は見えないはずですが、京都の清水あたりは、僻地の山裾だから咲いているのでしょう。

彼岸花が、火事になるという伝説は小学生の頃、リアルに信じていました。だから、冒頭の君の感性がちょっと違うね、ということになったのです。

その上、ネットで確認したら、毒性が強いから虫除け、モグラよけに植えられるとのこと。それなのに水でさらして飢饉の時の代用食になったとか。不思議な花ですね。

曼珠沙華の歌が昔はやりました。15年ほど前にも、リメイクされたのを良く聞きました。
「あーかい花なら、まんじゅーうしゃげ~」

母子関係が仲良さそうでよかったです(笑)。彼岸花の写真を送ってくれるって、すばらしい母上です。感心しました。
この記事へコメントする















09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。