2017 / 10
≪ 2017 / 09 2017 / 11 ≫
Page.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Page.788

こんばんわ

私は今、京都産業大学の図書館でインターンシップの真っ最中です
本当にいろいろなことを体験させていただき、凄く楽しい毎日を送っています

これまでにした業務としては、図書館報の編集会議への参加、雑誌・新聞業務、発注・受入業務、管理業務、目録業務などです
業務の名前だけ聞いてると初め、具体的に何をやるのか見当のつかないものもありました。

この中で一番楽しいと感じたのは、目録業務です
明日も目録業務の続きから始まるのですが、今日は和書の整理をしました。
国立情報学研究所の目録システムに京都産業大学所蔵の書誌・所蔵データを登録するというものでした。
オンライン目録に取り込み、利用者へ提供するというところはまた別の日に予定されています。
この整理の際、NDC9の請求番号があらかじめデータとして定められていなければ、自分で決定するという作業が特に楽しかったです
もちろん、その整理している書籍が他大学ではどのような分類番号で分類されているかということを参考にしながら、決定していくのですが、それでも実際、図書館に配架される書籍に自分で請求記号を付けることができたということが凄く嬉しかったです。

まだ今日で3日目なので、残り7日間頑張りたいと思います。
特に、朝5時半起きを・・・笑

                                                  二番隊員 川口





【苦手な話題ですぅ~】
川口くん、
 とても重くて、せんせの苦手な話題ですねv-515
 人間だれしも、専門としていたり、人からそう思われていることが、話題になると、辛いもんですv-535

 しかし、熱心にインターンシップを勤めておられるのを知って安心しました。今頃函館の五稜郭で土方歳三さんの降霊をして、あちゃらの世界に取り込まれているのじゃないだろうか、と密かに心配していたのです。どうですか、後期情報サービス・テーマ「戊辰戦争」班長どの~!。
 ~
 (なにか、話題をそらしていますv-282

 目録システム、ですね?
 後期の資料組織Ⅱでちょっとだけ(笑)触れます。
 そうですかぁ~、お気に召しましたか。
 それはよかったv-286
 私も実は若い頃、図書館の裏側でしこしことデータ整理するのが大好きだったのです。たまにカウンターに立つと足が震えました。

 和書ですと、殆ど、あらかじめ書誌データがデータベースに入っていますね。よくヒットしますね。

1.格納データは完璧ではないので、よく睨み付けましょう。
2.よく似たデータがあります。手元の現物図書の表題や奥付を、再度睨んで同定すること。
3.検索するとき、一つの方法では、探せないこともあります。

 図書館側で付加するデータは、図書登録番号や請求記号ですね。まちがわないように。ローカルなデータのチェックは入力館しか出来ません。

 というわけで、貴重でおもしろい経験だから、毎晩blog投稿して業務日誌にして、それを後日Truthにまとめたらどうでせう。
 倶楽部に戻ってきたら、ケーキ食べながら、話を聞かせてくださいな。
【大変そう】
だけど、すごく楽しそうi-197

授業で習ったことが役立ってるのかな?i-179
それに、目録業務って二番隊の仕事と一緒みたいだから、インターンシップで慣れて屯所の仕事もはかどりそうだねi-185
この記事へコメントする















09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。