2017 / 08
≪ 2017 / 07 2017 / 09 ≫
Page.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Page.723

先週書いたアントクアリウム。
買いに行こう!と意気込んでダイハナに行ったんですが。
キットはあったんですが、その隣にカブトムシがいたんです。
懐かしいですね。
夏になるとプラスチックの虫かごに入れられたカブトムシ、クワガタなんかがデパートのおもちゃ売り場でたくさん売られてました。
最近見なくなりましたが、亀も水槽に入って並べられていました。

そこに売られていたカブトムシは、全く動かずゼリーの中に頭を突っ込んでいました。
夜行性だからでしょうか。
なんか無性にやるせなくなって、結局何も買わずに帰りました・・・。
今度は隣にカブトムシがいないデパート行ってきます。


局長 山村


【ありんこ局長とカブトムシ軍団】
 ありんこ局長は、アントクアリアムに熱心です。
 ついにダイハナ(注:京都市右京区西院あたりに、ダイヤモンドシティ「花」というデパートがあって、通称ダイハナと、近所の人は呼んでいます)まで行かれたようです。
 これは、先週に続いて、シリーズ化になりそうですね。
http://kadonoclub.blog7.fc2.com/blog-entry-715.html
 シリーズ化なら、一週間に一度の局長玉稿拝見じゃなくて、毎日掲載されたら、さぞ全国の「ありんこ趣味人」から喝采あると、想像します。

 さて、アリンコ飼育については、後日ドクロマークカーテン(想像)v-40を背景にして、写真も掲載されることでしょう。究極の趣味人というか、エイリアン的世界観がほのみえる「ありんこ局長」の日常が、そこで披瀝されるかとおもうと、ワクワクします。

 本日のコメントは「カブトムシ」について。軍団としたのは、幼児期からカブトムシは戦車に見えていたからです。古代の映画「青銅の魔神」で、そういう戦車が突然東京に現れたような、錯綜した薄い記憶があります。と言っても、カブトムシは群生でみたことがなく、大抵一匹単位で見かけ、家に持って帰りました。

 虫取り場は、嵯峨小学校の北西に、二尊院という寺があって、そこの裏山でした。拝観料なんか無い時代でした。
 そして当時は、デパートでカブトやクワガタが将来販売されるなんて、想像もできませんでした。虫さんは、自分で捜してとってきて、友達に自慢したり、育てるものでしたなぁ。
 戦車形カブトムシが大好物でしたが、記憶ではクワガタの方が沢山とれました。

 ホタルも嵐山渡月橋あたりで、一杯取れました。ある夕方、ガーゼで作った袋に採取していたら、大阪あたりからの金持ちらしい人(夫婦かな?)がそばに来て、売ってくれと言われました。記憶では、びっくりして、最後に数匹をあげて、10円ほどもらったようです。つまり、ただで飛んでいるホタルを売るという考えが、想像もできなかったのです。

 まとまりのない話になってきましたな。
 最後に真打ち。
 実物アリンコですが、大学の中央通りのベンチの左右に、花がありますね。その花の上を、昨日、たくさんのちっこいアリンコがゾワゾワ歩いておりました。
 アントクワリアム購入前後には、大学でありんこをひろってはどうでしょう。v-519
【カブトムシ】
カブトムシ、懐かしいですi-190
地元にいた頃は、お父さんや弟と一緒に、夜山へ行って捕まえたりしていました。

確かにお店でカゴに入ったカブトムシやクワガタが売られていますが、なんだかショックを受けます…

やっぱり自然の中でイキイキしていてほしいですねi-228
この記事へコメントする















07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。