2017 / 08
≪ 2017 / 07 2017 / 09 ≫
Page.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Page.710

昨日ゼミで紹介された

“『坊ちゃん』の時代” 関川夏央・谷口ゴロー

という本を、先生にお借りして読みました。
全部で5構成あるそうですが、私が読んだのは1冊目です。

内容は夏目漱石の『坊ちゃん』が書かれるまでの経緯がフィクションとノンフィクションを交えながら描かれているものです。
しかもこれ、実は漫画なんですよ

当時の様子や政治のことにも触れている部分があるので、時代背景を掴みやすいものではないでしょうか

私が読んだのは本当に初めだと思います。ので、続きを読んでもっと漱石のことや明治の様子を知りたいなと思います

興味がある方はぜひ読んでみてくださいね


副長 清水



【コメントありがとうございます】
お久しぶりですe-68
コメント嬉しいですi-178

卒論は漱石ではなく、村井弦斎の『食道楽』という本を扱うつもりです。
結構おもしろいですよi-190

漫画は印象にも残りやすいので、いろいろ吸収しやすいですね。

ではでは、またお待ちしてますねi-228
【】
こちらではお久しぶりです。
皆さんお元気ですか?

副長さん、卒論は漱石をやるの??
文学系のゼミなんで、パワープレーの卒論をやった私はあまりアドバイスが出来ませんが、そういった漫画も含めたくさんの本・資料を読むと、厚みのあるものが書けそうですね!
応援しています(^-^)

それにしても漫画って素晴らしい!
漫画なら親しみやすいから、漫画を通して様々な知識を吸収できます。
受験の時、あさきゆめみしを必死で読んだのを思い出しました(笑)
実際とても役に立ちましたし。

ではではまた、思いたったら顔を出させていただきます~m(_ _)m
この記事へコメントする















07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。