2017 / 08
≪ 2017 / 07 2017 / 09 ≫
Page.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Page.656

こんにちは
今日も昨日に引き続き、天気がすぐれませんね

さて、今回は私の好きな本を紹介したいと思います

~『翼 cry for the moon』 村山由佳~

みなさん知ってますか??
私は村山さんの本大好きなんですけど、そのなかでもこの『翼』は一押しです


舞台はニューヨーク、そしてアリゾナ。
主人公マフィー(マフユ)は、過去のできごとから“愛”というものを受け止めることができません。
そんな彼女が、ネイティブアメリカン(ナバホ族)の生き方に触れ、数日間生活を共にすることで、大きく変わっていきます。そして、自分の翼で羽ばたこうと決心する、という内容です。


すごく簡単にまとめてしまいましたが、本当は言葉で言い表せないくらい、深くて胸に響いてくるものがある作品です。

特に私は、ネイティブアメリカンの誇りを持った生き方にすごく惹かれました
舞台となったアリゾナも魅力的な場所だと感じました。

本は自分の狭い世界観を広げてくれます
いつか実際にアリゾナに行ってみたいと思います
実際に足を運んで、感じることも大切ですよね

ちなみに、私と『翼』とは図書館で出会いました
みなさんも、図書館や本屋さんに足を運んで、素晴らしい本とたくさん出会って下さいね

副長 清水


【ネイティブの心】
 この小説、ネイティブの心、現地の人の心、先住民の心に触れているわけですね。

 音楽で、1994年の「Sacred Spirit:Chants and dances of the native americans」というのを、長年愛聴しています。勿論、CD化された時点で多少現代風にアレンジされているでしょうが、生の精神、心を、音楽で得た気持ちになります。

 日本人の書いた小説にも、そういうのがあるわけですね。
この記事へコメントする















07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。