2017 / 08
≪ 2017 / 07 2017 / 09 ≫
Page.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Page.618

 今日、親の定期健診に付き添って久々に病院に行ってきました。

 最近の病院はすごくハイテク化(?)が進んでいるようで、受付も一部機械化されており、待ち時間も短縮されていることにとても驚きました。

 最近は救急搬送の受け入れ拒否などが問題になっていますが、これからの高齢化社会で病院側も色々大変そうだなと思います。

                                                    二番隊 遠藤

【ハイテクとヒト】
 そうですね病院の薬局部門、清算窓口、それから駅の券売機、銀行の窓口、技術革新で待たなくてもよくなりました。
 コンビニなんかは、店員さんが息詰まるくらいに素早くレジを済ませてくれます。

 新聞を読んでいたら警察官は25万人ほどですって。
 医師は26万人程度で、医師不足と言われています。
 医師は都市に集中しているから、過疎地が一杯出来るのでしょうね。
 医師数が少ないわけじゃないけど、経済的に豊かな国だと人口1000人に3人程度の医師で、日本は2人らしいです。そうすると、すくないですね。

 医師卵は、眼科、皮膚科、耳鼻咽喉科のように少しゆとりをもって働ける診療科目を目指すらしくて、外科、内科、小児科、そして話題の産婦人科を目指すヒトは少ないようです。
 後者のグループでは、当直医師の過労は激烈らしくて、医療過誤の可能性も高くなり、若い医師は絶望していると、産経新聞に載っていました。

 救急医療はいつ破綻してもおかしくない状態らしくて、怪我、急病はできません。逆に救急車をタクシー代わりにするヒトもいるらしくて。

 病気をしないようにするにはどうしたらよいのか、難しいですね。
 ハイテクが進んでも、限界がありますね。

 ヒトにもよるから難しい話になりますが、過労をさけて、よく眠って、温かくして寝ていると治る病気もあるから、本当に難病とか、重病のヒトとの、病院利用のバランスが取れるようなシステムが必要だと思いました。
 センセは一昨年に歯科医に行ったくらいで医者知らず状態です。心身とも丈夫なわけではなくて、寝ていたら治ることが多いという経験則からそうしています。
 もっと高齢になったら、心配ですが。
この記事へコメントする















07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。