2017 / 10
≪ 2017 / 09 2017 / 11 ≫
Page.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Page.247

 4番隊隊長によると入った瞬間窓空けてあったらしいですよ。
 昨日最後に出た人は責任を持って窓、電気、鍵の管理をしましょうね。


 ってことで今日は4番隊長さんと経理局長と私の3人で静かに屯所ですごしています。
 おそらくこれからどんどん倶楽部員が押し寄せて(笑)くると思うのですが。
 それとも共同演習で来てられっか!!ってなっているのでしょうか?
 話しによるとセンターが演習履修者であふれかえっているとかそうでないとか色々話をききます。
 そんな話を聞きながら「私たちもそんな時期あったね」と思うばかりです(他人事というわけでは…)
 来週は演習履修者にとって怒濤の1週間になると予言します(言い切った!!)
 思わぬハプニングが班内を襲うことだって当たり前にあります。
 ですから時間がないとかあの人がやってくれないとか、思うところがたくさんある人もいると思います。
 でも一番心配なのはデータの紛失です。
 機械なんていうのは膨大な情報をコンパクトに収めることができて持ち運びも楽々な便利な代物ですが、案外あっさりと(中身が)無くなってしまうものです。
 扱う側が何もしなくても無くなるものは無くなるのです。
 情報サービス履修者は何度も演習をやってきたので経験していると思います。だから対策をしっかりしているのでは、と思っているのですが、資料Ⅰに関してはちょっと心配です。
 機械は信頼するなよ、と改めて言っておきます。

 バックアップはこまめに何度もとっておきましょうね!!

 残りわずかです!!がんばってください!!
総合技師長


【】
遅くなりましたが、了解しました。
【】
確かに真理ですね。
事故・ミスは、事前に充分に想定していても”回避すること”は不可能とも思います。
どこからともなく何かしら、想定外の問題が起こるものですから。
小さな失敗が重大な問題になることもしばしば。
困ったことです。
最低限のミスで、終えるように卒論、またこの先も精進いたします。
【】
有り難く読ませていただきました。
去年の私に読ませたいですね!
あらゆる可能性を想定していたつもりだったのですが、まだまだ甘かったです(苦笑)
私も局長同様、今後の私へのメモに加えさせていただきます。
【】
「ミスは、事前に充分に想定することによってのみ、回避する確率が高まる」
というのは誠に真理ですね。

卒論、さらにはこれからに役立てたいと思います。
【】
了解いたしました。
【】
了解いたしましたっ。
【】
了解いたしました。
【】
承知しました。
【】
了解致しました。
【】
了解いたしました。
【】
了解いたしました。
【】
了解いたしました。
【】
復命いたします。
【】
倶楽部の人達へ
共同演習の受講生達へ
  情報サービス、資料組織Ⅰ

【最終提出までの方法論】
1.文章
 前書き、考え方などの巻頭文章は徹底的に推敲し、誤字脱字をとり、文のねじれを正すこと。このために、班員だけではなくて、親友・知人・肉親を総動員して、内容の明瞭さを確認すること。
 君らの作品を「使う人」は特例をのぞいて、一般利用者なのだから、普通に読んで分からない物は、役に立たない。
 だらだらと長い文章も不可。まったく意図の伝わらない文章も不可。
 充分に考えて、最終稿を作ってください。

2.概念図や(大)分類表
 本編そのものが概念をあらわし、分類を現すべきは当然にしても、それが一目で分かる図表は、前半ページに必須です。
 可能ならば、見開き2ページ分を使ってください。

3.索引
 索引の種類を決めることが一番大切です。
 しかし、それと同じ意味で、どのように印刷し表現するかも大切です。
 一覧性のあるものを志向してください。
 具体的には、小さい文字フォントを多用して、行間圧縮、二段組みなどの手法を用いてください。ただし、デザイン重視の班もあることでしょうから、すべてに適用されるわけではありません。
 要するに。
 引き締まった、一覧性のある索引ページを作ってください。さらに、要所要所は色を変えたり、太字にしたりして、わかりやすくしてください。

4.本編
 ページ数を浪費しないで下さい。あまりに空白が多い場合は、ページ内にまとめて数記録掲載するなど、版面を再構築してください。

5.データ整理
 空白だらけの項目は、捨てる手法。捨てるに惜しい内容なら、附録として再整理。
 期限内に意図した内容を整理仕切れないときは、当該部分を掲載しない。
 どのように捨てるかは工夫すること。捨てるのも、学問、芸術、人生の要目です。

6.装幀
 飾り物を多用する班は、飾り物が永久保管に耐える方法を見いださないなら、捨てて、単純で堅牢なものに変更する。
 大前提は、多数の利用者が利用する物なのだから、数人が触っただけで壊れる装幀は、評価外です。

7.分担
 班長は、分担内容を常にチェックし、完成部分を回収すること。前日回収、徹夜整理、これが最悪のパターンです。
 要するに。
 少しずつ、少しずつまとめあげていく、気がついたら完成した。こういう体験をしてください。
 事情によって、分担部分が回収されないことは、実に頻繁に起こります(笑)。そこまで想定してことにあたるのが、班長の役目です。

注記
 この世の多くの事故、ミスは、事前に充分に想定することによってのみ、回避する確率が高まるという、真理があります。
 これは、断じて「心配性」「気の小ささ」をさすわけではないのです。この、洞察・想定能力と、気鬱・気弱・心配性とは、断じて同じ事ではないことを、この数日、充分に考えて行動してください。

 毛髪のように細い神経が必要です。
 しかし、それを束ねると、鋼鉄よりも頑丈で耐久力があり、かつ柔軟な太いロープになるのです。

以上


 
 


【】
そうですね。
バックアップは大切ですよね~。
私も過去の経験から夜な夜な班長に出来たデータを送っています。
…班長さん、とんでもない時間に送ってごめんなさい(反省)
この記事へコメントする















09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。