2017 / 08
≪ 2017 / 07 2017 / 09 ≫
Page.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Page.2074

私にとっては今日が後期初の授業でした。
夏休み終わった・・・悲しい(´;ω;`)
でも久しぶりに皆と話せたのが楽しかったです♪
後期もよろしくお願いします!

外が涼しくなってきて、秋らしさが漂う気候ですね。
秋ってロマンがあって素敵ですよね。
私ロマンチストなんです♪(あいたたた)
秋服とかも可愛いし!
でもすぐに暗くなっちやうので、ちょっぴり寂しいです。

次の長期休みはまだまだ先ですけど、
日頃の小さな楽しみや幸せを見つけながら過ごしたいです(о^∇^о)
美味しいご飯、あったかい布団(どっかで聞いた歌だ。笑)、テレビや本、趣味・・・って感じでね。

今日は何だかほっこりなブログですね。
あんまりふざけてない(笑)
ふざけない浜田、珍しいよ!
ちゃんと読んでね!!


SA2012浜田

【天高く馬肥ゆる秋】
はまえりSAくん
 ずずずーんと古典的なタイトルをつけてみました。
先生の若い頃は普通の言葉でしたが、今時はどうなんでしょう?

 天高く→これは秋の青空が深くて、空の天井が高くなったように思えるのが秋、なんでしょうな。
 馬肥ゆる→これが現代人にはわかりにくい。お馬さんと親しいのは競馬好きの人くらいだろうね。農家だと馬を飼っている家もあるかもしれませんが、……。
 先生の小学生時代は、お馬さんが市道をぱかぽこと歩いておりました。
 別のはなしとして、短文の事例として、
「一筆啓上、火の用心。お仙泣かすな、馬肥やせ」というのがあります。
 戦国時代の武将が戦場から家に送ったのでしょう。お仙は幼い息子。面倒みてやれ、の意。馬肥やせは、武将たる家では、馬を痩せさせてはならない。つまり、馬を大切に、病気にかからせるな、よく面倒みよ、の意。

 となると、馬肥ゆる秋は、自然に馬が元気になって良く食べる季節という意味でしょうな。

そこで、SAにあてた手紙
<一筆啓上。火の用心に施錠確認。受講生泣かすな、屯所の整理整頓>と、なりましょうか(笑)
この記事へコメントする















07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。