2017 / 10
≪ 2017 / 09 2017 / 11 ≫
Page.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Page.1958

皆さんこんにちは。
今日先生に私に向いてる職業をきいたところ、看護師と言っていただきました。
なぜ??と思いましたが、私小6くらいの時に結構本気で目指してたんですよ~。
今日はその頃のお話を少ししようかなと思います。

私は一年中外を飛び回っている元気印な子供でしたが、けがや病気も良くしたんですよ。
よく夜中の救急病院に駆け込んでました。

そして、小6年の時に流行してた胃腸炎にかかってしまい例のごとく救急病院へ。
胃腸炎ってかなり苦しいんですよね・・・。看護師さんの姿が本当に輝いて見えました。

ちょうど学校の調べ学習でナイチンゲールについて調べてたのです。
そして、病院行った日がちょうど看護週間だったんですよ。
これは何かの縁だ、神のお告げだ!と思った当時の私は看護師を志したのです。

まぁ、なんでか諦めたのですがね(笑)
浜田による長文昔話でした~


SA2012浜田

【ナイチンゲール】
ナースはまえりSA
 なんとなく、チームバチスタとかジェネラルルーじぇを思い出しながら書いていますが、
先生は30歳の頃、なにかの縁でナイチンゲール全集(翻訳)を通読したわけではないのですが、数冊をながめた、斜め読みした経験があるのです。
 感動が深かったです。
 要するに、ナイチンゲールは単なる裕福な出の偉人ではなくて、ものすごい苦労、辛苦、絶望的な状態と戦い続けた実績があるわけです。
 ~
 というわけで、優しいとか白衣の天使とか、美辞麗句はおいておいて、看護師もまた命がけの世界だと、当時彼女の全集から得るところがありました。
 
 さてそこで。
 最近の話としては、2年前に胃から大量出血したとき、医師が胃カメラで胃の破損部位をひとつづつ潰していってくれたのですが、そのとき朦朧としながらも、胃カメラの辛さが激辛だったわけです(私自身の固有事情があったのですが)。
 途中から楽になっていきました。
 それは看護師さんがひたすら横臥した私の背中をなでながら「大丈夫です、すぐに楽になります」と言い続けてくれました。
 朦朧としていたので、看護師さんの顔も姿もわからないままでしたが、「ああ看護師さんの、スキンシップと、言葉だけで、人は苦痛から逃れられる」と、痛感しました。

 とまあ。そういうことで、ハマエリSAがやさしく受講生に接している姿が、看護師さんに見えたというわけです(笑:v-289)。
 さしずめ私なんかは、メスやドリルで無理矢理の心的外科手術をして苦痛を与える立場ですなぁ~。
この記事へコメントする















09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。