2017 / 10
≪ 2017 / 09 2017 / 11 ≫
Page.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Page.1872

以前、このブログで紹介した……と、思うんですが。記憶が曖昧。
屯所にて栽培というか育成というか培養というか……まぁ育てている植物があります。三つ葉です。
その子たちが今現在どうなっているのか、ちょっとご報告を。
写真載せれば分かりやすいんですけど、どうにも縮小の仕方が分からず……申し訳ないです。
なんとなく、雰囲気だけでも伝われば良いなと思います。

9月28日、先月までは、この植物は萎びていました。
ええ、もう枯れる寸前。こりゃだめだと思っていたものです。

が。

10月21日。今日です。実際確認したのはもう少し前ですが。
なんとなんと、新芽が伸びました。真っ直ぐに。へたっていた葉も回復傾向。

植物って強いですね。正直諦めていた矢先のことだったので、本当に驚きました。
土の方は水はけが悪くなって、決して良い状態とは言えません。
けれども懸命に、真っ直ぐ生きようとしている彼らの姿には素直に感動します。
本当の所を言うと、もう何の植物育ててるんだか分からなくなっていますが、末永く、元気な姿を見せていてほしいものです。


経理局長 野上



【植物談義】
野上さん

1.怖い植物なのか動物なのか
 もうわすれたのですが、ジョジョ世界では、植木鉢から猫様がにょきにょきと出てくる物語があって、植物は怖いな、とおもったことがあります。

2.庭園鉄道
 以前コメントしたとき、ジオラマに今回の植物を栽培したらどうかと、提案しましたが。
 実は、実際の庭園の中にレールを敷いて機関車客車を走らせる世界があります。Gゲージといわれる大型模型列車ですね。車掌車なんかはドールハウスみたいで、図書館列車に改造するのが楽にできそうです。

3.農業の時代
 有史以来、農業も地球環境を破壊したり、変えてきた原因の一つですが、しかし後世の産業や科学技術による環境破壊に比べると、人類が生存するための、もっとも穏やかな方法が植物栽培だったと思います。
 地球と人類とが関わる生命線が「農業」だと思っています。

 葛野屯所で植物を育てている姿を見ていると、きっと最初は「おもしろい」とか「そだつかな」とか「ああ、枯れてしまった」と、そんな関わりだったのでしょう。自然の実を食べるところから、一歩踏み込んだのは、そういった、好奇心から始まったのだと想像します。

 農園、開きますか?
この記事へコメントする















09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。