2017 / 10
≪ 2017 / 09 2017 / 11 ≫
Page.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Page.1772

 着手発表お疲れさまでした
 共同演習を初めて経験する人が多いの発表となりましたが、着手発表がどういうものかを掴むことが出来たと思います。
 今回の発表、及び以下の注意とアドバイスをもとに、次の中間発表に繋げていってくださいね

①テーマ主旨をきちんと考える 
 全班共通して言えることですが、皆さんテーマ主旨が薄いです
 テーマ主旨には、何故そのテーマの図書館が必要なのかの理由づけ、また設置年数、対象者、サービス内容など全て含まれてきます。
なので、「私たちの班は○○の理由から××をテーマとした図書館を創り、利用者に□□なサービスをと提供するのです」といったことをテーマ主旨に書いて下さい。
 テーマ主旨は後に本編を作成する時に“あらすじorはじめに”該当します。なので、テーマ主旨に記載していないものは当然本編に書くことはできません。自分たちが何を目的にこの図書館を建て、利用者に提供する意味を今一度よく考えてみてください。

②未来性(近未来性)とは何か
 今回「この図書館の未来性を教えてください」と質問しましたが、きちんと「私たちの班の未来性は○○です」と答えられた班はありませんでした。
 未来性とは、今現在存在しないもの、無いものを創るということです。なので、今可能なもの(バーチャル体験も電子図書も投稿HP)未来にはなりません

③言い訳はしない
 「まだ詳しく決まっていませんが…」「まだそこまで調べていません」と言う回答が多かったです。
決まっていないのはこれから変更していくので当然のことです!決まっていないので…と次に持っていくのではなく、現段階での考えを必ず示すようにして下さい。
 また、調べていないということに関しては、もっと調べて下さい。それにつきます。
 自分たちが何のテーマを調べきれていないのでは、発表することも質問に対して答えることもできませんし、作品に穴が生じてきます。十分注意して下さい。


※次の中間発表に向けて
 ・質疑応答 
   中間発表では着手発表より断然指摘が厳しくなります。
   今回の発表では質問や指摘に対して「検討中」と答えた班が
  いくつかありましたが、中間では「検討中」は一切通用しません。
   そのため、より綿密に構想を練っておかないと発表は失敗してしまいます。

 ・絵 
   絵は必ずつけて下さい。特に外観図は中間発表には必須項目となります。
   絵を使用して文章だけでは伝えられない言葉、イメージを伝えるようにして下さい。

 ・サービス内容を濃く
   今回どの班もサービス内容が薄いです。
   中間発表ではサービス内容中心の発表となります。
   ここで着手同様のサービス内容だと、「一体この期間は何をしていたの?
  ということになるので注意して下さい。

 ・発表練習
   着手同様、発表練習を怠らないで下さい。
   中間発表では着手発表よりも発表に時間がかかります。
   そのため、必ずといっていい程に時間切れの班が出てきます。
   そうなっては折角のアピールが台無しになってしまいます。
   着手発表よりも力を入れて発表に臨んで下さい。

 ・誤字脱字
   ないのが当然の誤字脱字ですが、もし提出した後でそれが発覚した場合は
  発表の際に訂正を行って下さい。但し、この訂正は発表者さん以外が行って下さい。
  発表者さんが訂正を行っていては折角の発表時間が勿体ないです!
   班内で協力して訂正するようにしましょう。

助勤 廣瀬・島津





この記事へコメントする















09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。