2017 / 10
≪ 2017 / 09 2017 / 11 ≫
Page.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Page.1727

こんばんは。
本日から前期授業が開始されましたね!
皆さんは一体どの授業を履修されましたか?

やっぱりこのblogを見ている限り、
「司書っ!!」という声が多い、ということを信じていますよ(笑)

さて、そんな私の履修登録はなんと
前期後期合わせて14単位分の履修となりました(驚)
いやはや…一時一年間で60単位を履修していた時期を考えると
驚くほどスッカスカな時間割となりました…。

そういえば、履修とは少し話がズレるのですが、成績表が配られましたね。

その成績表の単位修得結果欄に修得単位の累計が載っていますが、
皆さんの成績表にはなんと数字が書かれていますかね?
まだまだ少ないです。もう卒業できるくらいには取ってます!
なんて人もいるでしょう。

私も友人たちと成績表を見せ合いっこしていたのですが、
なんと、その友人の修得単位の累計が“210単位”だったのです!
もちろんこれは教職や司書といった資格関係の単位を省いたものなので、
実際にはもっと数があるとのことでしたが、驚きと尊敬の言葉しか出ませんでした(苦笑)

まだ後一年残っていますが、同じように大学生活を送っていてもその内容は十人十色だなぁ…と感じさせられる出来事でした。

副長 廣瀬



【猿→人】
 廣瀬君の学業記事ですね。「十人十色」なので、合う合わないがあるでしょうが、センセのコメント。
 タイトルの「猿→人」ですが、サルとヒトとは生物的には大きな違いがなくて、ちょっとしたことが引き金になって、大きく別れたようです(詳細は知りません)。

 人は言葉を持っていて、心の中で、言葉で考えているので、賢くなったわけです。その言葉を文字で記しだしたのが、ものすごい躍進だったかもしれません。
 ヒトは心の中で、自分や他人と語り合うことで人になったのでしょう。読書は心中での会話だと思っています。

 まともな読書はものすごく時間をとります。そして大学の「単位」とは、授業時間の2倍程度を予習・復習にあてて成立するシステムだったのです(笑)。
 よって、無尽蔵に単位を取って、授業時間だけで効率よく知識や技術を習得するという考えには無理があります。

 普通の「講義科目」でも、熱心に受講して関係書目に目を通すなら、センセでも一週間に3科目程度が限度です。
 だからこそ。
 空き空きになった4回生時代。有り余る時間を熱心な読書や思索、そして旅行などに振り当ててください。v-283
この記事へコメントする















09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。