2017 / 10
≪ 2017 / 09 2017 / 11 ≫
Page.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Page.1724

いよいよ4月ですね。
学校では桜がちらほらと咲き始めいよいよ春に突入しましたね。

さて今日は本当に私ごとなのですが、本日学校に用があったので向かったのですが…そこで…なんと!!
ワタクシ警備員にとめられました(笑)

「何の用?」
て聞かれたのですが、学校に用事があったんですよ!?じゃないと学校に来ませんよ!?私学生ですよ!!そんな老けてます!?

思わずここで叫んでしまいましたが、こんなことが今日というか数時間前にあった出来事です。


三番隊 黒田



【なんとも強烈な記事にたじたじと~】
 いや、常日頃おもっておりますが、黒参はハナも恥じらう20歳の乙女であります。

 警備員さんが君を誰何(すいか)したのは、おそらく君が恥ずかしげに歩いているから、不思議に思ったのでしょう。今時の若い女性が「恥ずかしい」」というそぶりを見せることは希ですから、きっと不思議だったのだと思います。

 あるいは警備の方がその時に限って、日頃のルール厳守を思い出されたのでしょう。顔を覚えていない人が門を通過するときは、確認すると~。他の人はきっと顔見知りだったのでしょう。君は常には恥ずかしげに顔を伏せて歩くから、知られていなかったのでしょう。

 あるいは~
 お互いに、きのせいだったと、センセは信じます。いやきっと、春先のぼんやりした季節におこる、普通の「気のせい」が言葉にあらわれたに過ぎません。
 黒さん。くれぐれも深読みしてはいけません。よろしいね。v-287 きのせいなのです。
この記事へコメントする















09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。