2017 / 10
≪ 2017 / 09 2017 / 11 ≫
Page.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Page.1649

今年も残すところ僅かとなりました。
先日はクリスマスということで、風花も舞い
心根の清いみなさんのところには素敵な贈り物が届いたのではないでしょうか?
私のクリスマスはもう少し先になりそうです。
 
話は変わりますが、今日は大掃除をしながら「今年」を振り返っていました。
思うに、私は思い立ったら吉日で千里往き、
木乃伊取りが木乃伊になり、2日かかって千里を戻るような日々でした。
みなさんは、どのような一年でしたか?
良き一年であれば幸いです。
 
さて来年は、「獅子博兎」を目標に、
のんびりと新しい年を楽しもうと思います。
先ずは、ワンプレートおせちでも作ろうと思っています。
私の地元は大晦日におせち料理を食べますので明日から
地道に下ごしらえ及び調理を頑張ろうと思います。

では 少し気が早いですが、みなさん 良いお年を

経理局長 佐藤ゆ




【四文字熟語や故事来歴が「さyu君」おもてなしのおせち料理】
サyu君、平成22年も、くれてきたねぇ、もう29日です。
 おせち料理を大晦日からいただくのは自然な風習ですね。記憶では明治以降28日くらいが仕事納めだから、そのあとずっと家の中は家族がうろうろして、料理を作るのも大変だったろう。

 ガスも水道も電気も無い時代に、いちいち火をつけて暖めて煮炊き焼いたり蒸したりは大仕事だから、まとめて塩や醤油や砂糖でしっかり味付け濃くして、焼いて、たきしめて腐敗をさけて、それだけで大家族が数日間はおかずに困らない。主食はお餅でこれはカビるけど、こそぎ落として焼いたり煮たりすればなんら問題はない~

 さyu君のおせち料理がどんなんかは知りたいねぇ(笑)。鶏まるごとおなかに一杯具材やお米を入れてワインと濃いスープで交互に三日三晩煮立てる、だなんてワイルドなおせちなら、屯所開きにぜひお持ちください。酒盛りしましょう!

付録:獅子博兎の博がどうしても落ち着きが悪いのでネットやいろいろ検索してみたら、つまりは古典的な漢和辞典で、「博」と「搏」とは同じ意味で「打つ」「しばく」の意味があって、獅子王サハ君は、うさぎ相手にでも全力を尽くす意味が、よく出ていると分かりました。
 脈搏はそうすると、脈博でもよさそうだけど、これも落ち着きが悪いねv-385
この記事へコメントする















09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。