2017 / 08
≪ 2017 / 07 2017 / 09 ≫
Page.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Page.1623

情報サービス受講生の皆さん、こんにちは。
提出日まであと三週間となりましたね。
進み具合はいかがでしょうか?
もし今悩んでいるところがあれば、早めに相談に来てくださいね。

さて、今回は直前にハプニングが起こってしまった時について書いていきたいと思います。
班長さんはもちろん、班員の皆さんも目を通しておいて下さい。

■どのようなハプニングが考えられるか
共同演習の経験豊富な情報サービス受講生の皆さんにはだいたい想像が付くかと思いますが、

①完成しそうにないなどの作品に関する問題。
②班員の参加度が低いなどの班員に関する問題。

の二つが多いように感じます。
共同演習を行っている上で、起こりうる問題ではありますが、時間のない今、ハプニングが起こるのは避けるべきです。
しかしながら、ハプニングは起こる時には起こるもの。
それでは、どのように対策を行えばいいのでしょうか。

■対策
○完成しそうにない場合
・全力を尽くす!
 今まで以上の頑張りで進めれば完成しそうな場合には、これが一番です。
 ですが、他の授業を犠牲にしたり、体調を崩すようではいけません。

・データを切り捨てる!
 手が回らない部分や、重要度の低い所などを思い切って切り捨てましょう。
 今まで時間をかけて集めた情報を切り捨てるのは辛いでしょうが、完成のためには苦渋の決断も必要です。
 そのため完成しそうにない場合、どこを切り捨てるのかを事前に決めておきましょう。

○班員の参加度が低い場合
・分担を考え直す!
 問題の班員が忙しく参加できない場合には、仕事量を減らすなどの調整をしてみて下さい。
 もし内容の理解が出来ていない場合には、装丁や挿絵などを頼んでみましょう。

・諦める!
 その班員の参加度が著しく低い場合、参加態度などに問題があり他の班員の負担となっている場合には、問題の班員とともに完成させることを諦めることも必要になるかもしれません。
 しかしながら、"共同"演習である限り、簡単に班員を切り捨てるのは良い決断とは言えません。
 可能な限り、班員全員で良い作品を作り上げていって下さい!

長々と書きましたが、ここに書いた対策では対応できない問題も起こってくるかもしれません。
班長さんはどんな問題が起こっても、班員とよく相談し落ち着いて判断・指示を出す努力。
班員の皆さんは、班長さんと協力し、自分のやるべき事をしっかりとこなす努力をして下さい。
もちろん私達助勤も力になります。

あと三週間しかないですが、頑張っていきましょう!

助勤 佐藤は・曽我



この記事へコメントする















07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。