2017 / 08
≪ 2017 / 07 2017 / 09 ≫
Page.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Page.157

4056013470.jpg
タイトル:仏尊の事典 壮大なる仏教宇宙の仏たち
ISBN:4056013470
著 者:関根俊一
出版社:学習研究社
出版年:1997/04
価 格:\1,575


 8月に奈良国立博物館に地元の友人と一緒に行ってきました。
 今奈良国立博物館では特別展で「古密教―日本密教の胎動―」というのをやってまして、それを見たいという友人に連れられて行ってきたのですね。
 陳列された仏像の数はとても多くて疲れたりもしましたけども、どれもこれも貫禄はありました。もう職人の技術に感心するばかりで。
 展示資料の目録を買おうかな、と思ったのですが、展示されている仏尊がどんな意味を持つのか、何を司っていて、どんな利益をもたらすのかということの方が気になってこの本を博物館で買ってしまいました。
 今がんばって読んでいるのですが、これがまた難しい…!!
 如来がいて、菩薩がいて、天がいて…。
 それぞれに何をして何を説いているのかなどが書かれているのです。専門用語が使われていたりするので、深く理解することはできませんけど。
 読んでいて毎回思うのですが、仏教に限らないのでしょうが、深いなぁ、と思わざるをえません。
 でもそれぞれの仏尊の特徴だとか、所蔵寺院名も書かれていたりするので仏像を見る上での参考書になるかな、と。仏尊がどれもこれも似たようなものに見えなくなくなりますよ。印の組み方や持ち物、宝冠といったものはそれぞれでまったく違うんで、仏尊を見るときの着目点がちょっとは増えるんじゃないかなと思います。
 宗教にのめり込むわけではないのですが、知識の一環として思想とか見てると仏教の考えも案外面白いです。大昔より続いてきただけあって壮大です。

 今度はこのシリーズの「日本の神々事典」がほしいなぁ、と思う今日この頃。
 こういう本で部屋を埋め尽くすものいいな(笑)

二番隊隊長


【】
へぇ~、おもしろそうな本ですね~
奈良か~・・・どこでもいい。旅に出たいなぁ

今のところ私は、京都市美術館で開催中の『ルーブル美術館展』に行きたいなぁと考え中。
8月はとっても忙しく、やっとこ休みがありそうなので、9月の中旬までには行きたいな~と計画中。
まぁ、絶対に行くの!って思っているだけで、誰と行くかとか日程とかまだまだなんですよね・・・あははは~

この記事へコメントする















07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。