2017 / 10
≪ 2017 / 09 2017 / 11 ≫
Page.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Page.1488

みなさん、こんばんは。
 
葛野図書倶楽部の方々は色々な趣味があって
話を聞くたびに、知らない単語が出てきて
未開の地に足を踏み込む感じが新鮮ですよ
興味関心のあるものがあれば話しかけて見てはいかがでしょうか?
きっと話が弾みますよ。
 
さて、私は水彩色鉛筆と小さいスケッチブックで
小さなものをちまちまと描くのが好きで
昼間に鉛筆で簡単に下絵を描いたものに
夜 色をつけて仕上げています
 
水彩色鉛筆は様々な使い方が出来るのでオススメです。
夏には携帯で撮った京都の写真で暑中見舞いを描くのも
風情があっていいですよ。
 
最近、新たなジャンルにチャレンジしようと
友人の力を借りて今までにない世界に色をつけています。
大人な感じですが、未経験なのであたふたしております

しかし その内、PCで絵が描けたら……と思っております
そういった類のものに詳しい方がいらっしゃいましたらお教え願います!!


経理局長 佐藤ゆ



【和歌俳諧風の水彩色鉛筆世界】
 センセの好きな山水画とはちがうわけだけど、小さなスケッチブックと水彩色鉛筆との組み合わせは、短冊とか懐の和紙にさらさらと絵を描くような、和風を感じます。

 文章でいうと長編小説よりも、和歌とか俳句の世界だね。

 センセは絵心はないが、近々、大きな文房具店とか画材屋さんによったら、水彩色鉛筆をいうのを、入手してみよう。

ところで
 京都の写真を暑中見舞いにするという考えとか生活様式はすぐれていますね。なにかしら手触り感が伝わるような世界です。時間や手間がかかるわけですが、そういうところに、生活に根付いた文化文明があるのでしょう(笑)
この記事へコメントする















09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。