2018 / 02
≪ 2018 / 01 2018 / 03 ≫
Page.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Page.1261


コーヒーはお友達です。
三番隊員の高橋です。

今、大学図書館で廃棄図書がもらえるイベント(?)が行われています。
私はというと、ここぞとばかりに、ニューズウィーク日本版を一冊いただいてきました。

政治問題や社会問題の記事が多いのであまり読んだことはなかったのですが、今回私がいただいた、適当に取った一冊にとても素敵な文章があったのですこ―し紹介します。

「空手チョップにみるしぐさの東京文化」というマイケル・プロンコ氏が書いたコラムです。

要約すると(要約してしまうと折角の文章が台無しなのですが…)
「最初のうち、東京人は地球上で最も感情を表に出さない人たちに思えたが、控え目なしぐさと微妙なボディーランゲージが深いコミュニケーションを紡いでいることに気が付いた」
というようなコラムでした。
その中に、
「雨の日には、東京人は昔から、すれ違う人にしずくがかからぬよう傘を傾けてきた。」
という一文があり、日本人すてき!と一人感動。
外国人に気付かされる、日本人の良さだなぁ、なんて思いました。


三番隊員 高橋



【傘】
傘を傾けるのって、京都かどっかでの昔からのマナーとしてあるって前にテレビで観た気がするi-277
ちょっとした思いやりで、お互いが気分よくいられると、本当にいいよねi-205
【傘とドア】
たかはし君
 意外な発見でしたね。そういえば、なんとなく傘の雫が他人にかからぬように気をつけています。それと、コンビニなんかでドアを開けたとき、後ろを振り返って、人が居ないなら閉めます。いたら、手で押さえています。日本風の障子や襖、引き戸だったらどうなのか、と考えましたが、はて?
この記事へコメントする















01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。