2017 / 08
≪ 2017 / 07 2017 / 09 ≫
Page.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Page.1242

日誌の更新遅れてしまいました。すみません。
三番隊員の高橋です。

つい先日、映画『ヴィヨンの妻~桜桃とタンポポ~』を見てきました。主演の俳優さんの気の触れたような演技が原作そのまんまの大谷だ!と思いました。

『ヴィヨンの妻』だけでなく、『桜桃』の話も交えて作られていて、それぞれの作品のセリフが上手く使われていたように思います。

妻夫木の青年役で、『春の雪』の清顕を思い出したのは私だけでしょうか…。
整髪料のCMと大河ドラマとではまた違う男前を見ることができますね^^!

三番隊員 高橋



【映画】
前まで結構映画を見に行ってたんだけど、レイトショーはまだ一回も経験ないなぁi-114

『ヴィヨンの妻~』はタイトルは知ってるけど、内容は全くi-249(邦画をあまり見ないんだよねi-239
【省略の多い映画鑑賞感想文だねぇ】
1.レイトショー
 要するに不良ちょい悪の人達(老若男女)が夜行性の遊戯(映画鑑賞)を楽しむことですね。
 昔は朝まで生映画がありましたが、なんと言ったかな。24時間興行では、ちょっと固い言い回し。
 そうそう終電には間に合いますか? 補導されませんかv-287

2.映画『ヴィヨンの妻~桜桃とタンポポ~』
 短編小説の合作映画だと耳にしました。原作はあの「太宰治」さんですか? 太宰さんって、どんな人なんでしょう。なんとなく一緒に生活するのが嫌な雰囲気ですが、映画はR指定もかからないユーモアにあふれ、清純女性と発狂しそうな作家のお付き合いらしいですね。

3.桜桃
 おうとうとか、さくらんぼとか変名があって、桜と桃とがどんな関係か少年時に悩みました。さくらんぼは大好きです。でも一つあったら同居人にあげます、二つあったら子らにやります、三つあったら関係者全員にあげます。センセが食べるのは四つあったときだけです。だからセンセはよほど変でもセンセが務まるのです。太宰さんには無理なことです。独り占めした桜桃のエッセンスが珠玉の小説で、それをセンセに読む暇あったら、足りないサクランボを探しに行きます。

4.妻夫木の青年役で、『春の雪』
 妻不義じゃなかった妻夫木さんって、例の髭をはやした直江兼続役の俳優ですね。なかなか最近は好感を持っています。
 『春の雪』って、これは2005年の映画だから「高橋」君は高校生か中学生じゃなかったかな? センセは観ようとおもっていたのに、観ていません。ものすごく気むずかしい恋愛映画のようですが、君は中学生でそういう世界を把握していたのかぁ~。Jは一般に早熟といいますから、あり得る話ですが、それにしても。
 分かった! 妻夫木ファンなんでしょう? あはは。

5.清顕
 太宰治さんのことを、まだ十代か20代頃なのに、面と向かって「嫌いです」と言って、その後中年になって切腹した三島由紀夫さんの小説の主人公が、松枝清顕(まつがえきよあき)ですね?
 太宰さんの実生活では、奥さんが妻夫木さんのような好青年と深い縁をもったようですが、それは映画ヴィヨンの妻でそれらしく描かれていましたか?
 その妻夫木さんが数年前に太宰さんをけなした三島由起夫原作の『春の雪』で主人公の清顕を演じるなんて、なんとも不思議な縁ですね。

☆省略を展開するとくどくなるな
 以上、自分のコメントを読み返して、君の圧縮されたコメントを読み返して、情報とか文章とかは、一種暗号であり、別種、「解釈の多様な表現」だと、思いました。
 君の文章とセンセの文章を足して割ったところに、中道があるんでしょう。v-20
この記事へコメントする















07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。