2017 / 08
≪ 2017 / 07 2017 / 09 ≫
Page.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Page.1170

夏休みも残り半分となりましたね
最近やっと、現実と向き合い、卒論をやらなければ…と思うようになりました(笑)

まあ、それはさておき、今日は「選挙」について書こうと思います。
8月31日に衆議院選挙がありましたよね?
皆さんは投票しに行かれましたか?
下宿先に残っている方は、なかなか難しいかもしれませんが…
私は行って来ました。
実は、普通に1人で選挙に行くのは初めてだったんです。
それまで選挙には3回行ったことがあったのですが、そのうち2回は選挙会場でバイトをしており(休憩時間に投票)、残りの1回は母親と行ったので、なんだかあの場で1人というのは、凄く緊張しました
実際、なんで緊張??と私は疑問に思いましたが、慣れない場というのは勝手に体が強張ってしまうものなんですね。

私もそこまで詳しいわけではありませんが、民主党が政権を担うことになった今後の政治に少し興味を持っています。

書記局長 川口



【返事】
>せんせ
私も大学受験の時は、大臣の名前、一通り覚えた記憶が…
まあ、今はまったく覚えていませんが(笑)



>さおり
そういえば…そうだった…笑
書き間違えにまったく気付かなかったi-229
【あ~…】
今回も結局行ってませんi-199i-201
毎回バイトがあり、行くタイミングがない…笑

そう言えば…選挙って30日じゃなかったっけ?_?;
【もう一言:政治好きのオジキ達】
かわぐち嬢さん
 もう一言。
 今と違った雰囲気で、昔のおじさん連は政治談義が好きでした。大体床屋談義、床屋のおじさん政治オタク、と考えたらよいです。床屋さんが町の情報源だった時代のことです。小中学生でも、ふん、ふんと聞いていないと、ひげそりが深くなったり(髭がなくても、あちこち、カミソリをあてるのが常識でした)、ほっぺたを思い切り引っ張って、カミソリあてるのです。

 それから、長屋のおじさん連は夏になると床几(しょうぎ)に浴衣で寛いで、隣近所の誰彼と無く引っ張り込んで、政治談義。

 そうそう、父なんかねぇ、内閣が替わると、首相以下、総ての大臣名をその日のうちに○暗記してました(爆)。福井にいたころ、訪れた中央政治家と一緒に写真撮ったのを、宝物みたいにして、「ぼく」に何度もみせていました!

 今の私には、すべてが、遠い世界のことです!v-286
【返事】
>せんせ
床屋のオジサンはお客様相手に政治漫才をするんですかぁ…
お客さんがボケたふりって、何気に客なのに気を使わないといけないんですね(笑)

私は美容院に行くと、美容師の人と世間話してるか、黙って自分の髪がどうなっていくのか・・・っていうのを眺めてますi-194
【美容院の政治談義】
 政治談議は、好きな方が多いです。
 新聞、TV、週刊誌、政治話で満ちています。

 昔は床屋のオジサンが、一般的にすきでしたね。バリカンやカミソリを使いながら、お客相手に政治漫才するんです。大抵オジサンがツッコミなので、お客さんはボケたふりしないと、危ないです。

 美容院はどうなんだろう。あの巨大なヘルメットかぶっているときとか、洗髪の時は話もできないだろうし。
 ひたすら、お客は自分の姿を鏡でみて、うっとりしているんでしょうか。静かでよいなぁ。
この記事へコメントする















07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。