2017 / 08
≪ 2017 / 07 2017 / 09 ≫
Page.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Page.1151

今日、卒業式で着る袴(着物)の試着をしてきました

3~4着試着して決めたのですが、袴だけでもいろいろあって、けっこう迷いました

普通に一色のものもあれば、柄が全面に入ってるものや、柄+グラデーションになってるものなど、様々で何回も合わせては悩み…の繰り返しでした

結局、上の着物は黒の花柄、そして袴は紅色でワンポイントの花柄という組み合わせにしました

帯などは色合い的に成人式のを使えるということで、助かりました

ちなみに…

成人式の時は赤の振袖を着たんですよ

なので、卒業式では違う色を・・・と思い、黒にしました

当日着るのが楽しみです

書記局長 川口



【】
成人式の振り袖の写真を撮ったところから(地元のほうだけ)
電話とハガキとパンフレットとが…笑
そこには行く気ないんだけどね~笑
【返事】
>さおり
ウチの家にはそういう電話はあんまりかかってこないかな…
なんでだろ??



>ゆんちゃん
スーツの人も中にはいるかもねぇ~~。
当日は写真撮ろうね!!



>せんせい
私は、袴選びに行くの早いほうかもしれません。
展示会初日に行って、お客としては1番乗りだったらしいので(笑)
式当日は、屯所に寄りますねi-236
【】
うちは卒業式に行かないつもりだわ
最近『袴どうですか~』っていう電話も片っ端から切ってます(笑)
【袴】
袴かぁ…
いいね(*´ω`*)
うちスーツかもぉ
【異世界の晴れ姿】
 川口くん
 J達の世界は理解できるところと、まるで宇宙人のところがあって、そしてセンセ自身がこれまでの長い社会生活の中で時々同性たちからも宇宙人扱いされてきて、それらが複合した結果、結局J世界はセンセにわからない論理や感性で動いている、別世界と、この記事読みながら深くため息をついておりました。

 同性のこともわからないのに、まして異性である君らの心情はまるっきりわからないままに、次のようなことを考えました。

 一般にJ達は装いが好きなようです。身につけるもの、髪型、着るもの、……。それだけで文化文明が成り立っているような趣もあるし、産業としても購買力としても、トップの要素だと思います。

 京都駅の地下を歩くことがあるのですが、総ての店舗、売っている物はすべて女性の服やアクセサリーですね。そこに、いつ通っても山のような女性達が押しかけています。~一体、どれほど見たり、買えば満足するのでしょうかぁ(笑)。

(京都駅地下街全部が、PCパーツや、鉄道模型で埋まる世界は絶対にあり得ません)

 日常は別として。
 J達がそういうものを身につけて、自らのセンス、感性を発揮する最大の山場は人生にどれほどあるでしょうか。

 0.デート(人による)
 1.成人式
 2.卒業式
 3.友人知人家族の結婚式
 4.自分自身の結婚式(人による)
 5.子供たちの入学、卒業式(人による)
 6.賞を受けたとき(人による)
 ~
 やはり、Jの一生、スポットライトの当たる山場は限られてきますね。しかしその一瞬に燃えるわけだぁ(v-284

 以上が長い、前ふりです。
 ここから本論↓

 来年三月の衣裳合わせが、もう始まっているという事実を知って、心底驚いているし、不思議だし、ああ、ものすごく気持を込めて装うのだなぁと気付いて、あだやおろそかに眺めるわけにはいかない、と思いました。
 2007年次屯所卒業生は、お一人だけ事情があったのか晴れ姿を見られませんでした。
 2008年の屯所卒業生は、残念ながらどなたも晴れ姿を現しませんでした。みんな苦学生だったから、ジーンズにブルゾンだったのだと想像しています(笑)
 2009年の屯所卒業生は、4人全部の晴れ姿を見せてください。たとえ一分でも眼裏に焼き付けて、手打ちといたしましょう。

「着物は黒の花柄、そして袴は紅色でワンポイントの花柄」
 映えるでしょうね。
 J世界の思いや感性はまるっきり理解不能でも、黒と紅なんて組み合わせの鮮烈さは、十分に想像できます。
この記事へコメントする















07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。