2017 / 10
≪ 2017 / 09 2017 / 11 ≫
Page.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Page.1124

すっかり夏になりましたね。

段々と夏休みも近づいているので、余計にそんな風に思っていまいます。

「すっかり夏だなぁ…」と感慨に耽っていると、過去の夏休みの思い出がどんどん思い出されてきます。2回生の時に一人で宇治に蓮の花を見に行った時とか…。去年倶楽部の皆と行った飛鳥村研修とか…。

そんな楽しかったことを思い出していると、学生最後の夏休みが楽しみになってきました。もちろん卒論とかやらなければならないことはあるんですけどね!

今年の夏休みはどんな楽しいことがあるんでしょうか。今から楽しみです!!


副長 中村



【最後の夏休み】
社会人になったら夏休みなんて存在しないことに、今気づきました(汗)
人生最後の夏休み…そう思うと貴重に過ごさなくは!
今年は何しようかな~って…勉強もしつつ、遊びも欠かさず並行して楽しみたいです★
【楽しみと未来予測】
 よい思いでや記憶で人の人格は作られると思っています。これは人格が佳いとか悪いとかの問題じゃなくて、人が他人とは異なる「その人」の証についてです。

 センセも学生時代に、いろいろ旅行したり楽しみを持ちましたが、主体的に参加行動していないことは、記憶がどんどん薄れていき、人格形成の成分として消えていきますね。

極端な事例
 恋愛で、自分が好きになった人とのことはものすごく長持ち(笑)します。折にふれて生き方の指針とか尺度となります。逆に、好かれて好かれて「もう、いいよぉ~」は、センセは未経験だけど、多分すぐに忘れることでしょう。

 ただし幼児期に両親や兄弟や祖父母、先生から溺愛された経験をもつと、それが長く長く人格に影響します(溺愛されて、わがままや傲慢になる、悪い事例は保留)

普通の事例
 学生時代、自分が幹事して企画した旅行の経験は長持ちします。いまでもその経験が使われています。人に連れられて気楽な旅行なんかは、どこへ行ったかさえ、覚えていません。副長さんの「一人、宇治行き」はきっと永代記憶になることでしょう。

 自分で考えて計画し、行動したことは、一生ものの宝になります。共同演習だと、上位入賞の班長経験なんかは、最低でも10年は人格構成の大きな要素になります。

まとめ
 生きていく時、他人任せの気楽さに乗ることも必要ですが、自分の行動や考えの半分は、自分自身で計画実行するのが、辛いことも多いけど、後々の「幸」とか「安定感」をもたらします。

 特に、人間の幸せは、心の安定感だとこのごろ思うのです。ただし、若い内に安定する人は、逆に若年寄というのか、つまらなく感じます!v-283
【最後の夏休み】
4回生は最後の夏休みになる人も多いから、卒論はあるけど、今のうちに遊ばないとだね(笑)
うちは何回か書いてるけど、横浜でのライブが一番の楽しみだな横浜に行くのも初めてだし研修旅行では真っ黒なままか皮がめくれてるかのどっちかだろうな(笑)
この記事へコメントする















09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。