2017 / 10
≪ 2017 / 09 2017 / 11 ≫
Page.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Page.1118

こんばんは、佐藤です


今日は私の虫嫌いを改めて感じる出来事がありました。
一人暮らしで虫に遭遇するとどうにもなりませんね…

その時私は、祖母の家から送られてきた枝豆を洗おうとしていました。
そして枝に付いたままの枝豆を流しに広げた瞬間です。

ぼろ…っとナメクジとよく分からない虫が転がり出てきました。

そこでもう大混乱です。
とにかく、虫がを流してしまおうと水を出しっぱなしにしました。
ただ相手はナメクジです。
そう簡単に流れて行ってはくれません。

そこで私は実家に電話をかけました。
冷静に考えてみれば、どこかに電話をしても解決はしないのですがね…

とにかく私は電話をかけたんです。
電話には母が出ました。
母はすべて捨てたらどうかと言ってきます。
私は祖母が送ってくれた物だからと、捨てたくはありませんでした。
しかし私が対処出来ないのも真実です。

すみませんがこれから先は書くことが出来ません。
ただ私は本当に虫が駄目なんだということだけが分かりました。

このまま虫嫌いが進行していったら、どうなってしまうのでしょうか…心配です。
課題やらなにやらで忙しい毎日ではありますが、別な意味で今日はひどく疲れた一日になってしまいました。

それではこれにて終わりとします。
ありがとうございました。

三番隊長 佐藤



【私も…】
私も同じ様な経験があります。

ある時虫を発見して、驚いてどうして良いか分からず母親に電話したことが・・・。しかも、忙しい平日の朝。

一人暮らしと虫は切り離せないですね。

何とか慣れていくしかないんだよね・・・。
【J世界と虫たち】
 昆虫ロボットさえ生まれる昨今ですが、倶楽部内でも、Jの虫対応は虫愛派と虫嫌派とに、極端な分離を見せます。「虫愛(め)づる姫」という古典があるくらいですから、逆に虫好きは少数派だと思います。

http://asajihara.air-nifty.com/mu/2004/08/200420.html (昆虫ヘリロボット)
http://kadonoclub.blog7.fc2.com/blog-entry-729.html (アリンコ)

 江戸の近親者の虫反応は、いつも「パニック」になるので、「薬」は無いと諦めています。だから、がっちゃんのナメクジ・パニックも、大体想像できます。
 そういえば、最近小林局長もゴキブリ記事を載せていましたね。
http://kadonoclub.blog7.fc2.com/blog-entry-1075.html (虫が旅立たれた話)

 がっちゃんの記事を読んでいて、J世界の深淵さというか、難しさを痛感しました。「好悪」というものが絶対的で、変化しそうになく、治りようもなく、薬が効かない世界が、Jにははっきりあるんだなぁという、慨嘆です。
 そして、「虫」と「食べ物」と、さらに世間一般で「Jに虫がつく」、その趣味性、好悪、……。そのあたりで、個々Jの特性がはっきりしてきますね。
 愛すれば徹底的に愛し、嫌えば地獄の果てまで嫌い抜く。この極端さに、センセは驚くわけです。

 しかし、「このまま虫嫌いが進行していったら、どうなってしまうのでしょうか…心配です。」この戸惑いには味わいがありますなぁ。v-286
【蟻ですら…】
私も虫はどんなんでも苦手かな…
蟻ですら無理i-181
ナメクジとかもっての他だしねi-229
まあ、昔は蝉とか素手で触ってたらしいけど…笑
【虫】
キャンプとかに行くことが多かったから虫は大丈夫かなぁ急に現れたらびっくりするけど
結構えげつない事態にも遭遇したことあるけど、コメントは控えときます

そういえば結局枝豆をどうしたのか気になる
この記事へコメントする















09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。