2017 / 08
≪ 2017 / 07 2017 / 09 ≫
Page.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Page.1030

先々週のBlogでも書きましたが、5月3日(日)に南座で行われている歌舞伎を観てきました。

まず開演前に驚いたのは、3階席のありえない急斜面具合と、圧迫感の凄さです。前回南座で歌舞伎を観た時は、1階席だったので気づかなかったのですが。そこが4,000円と12,000円のチケット代の違いなんですね・・・。

肝心な歌舞伎の内容は、とても良かったです。今まで観た歌舞伎の中で最も分かりやすく、凝った演出だったと思います。舞台に本物の水車と水が設置されいて、そこで役者さん達が演じているのは、思わず目を奪われてしまいました。

他にも、初日だったこともあったのか、狐役の人が舞台上で滑って転びそうになったハプニングなどがあってそこもまた見所でした。


今回の歌舞伎は若い役者さんが出ていたので、観客の中には若い人も結構いました。

もしも興味のある人がいたら、是非歌舞伎を観てみたらいかがでしょうか。歌舞伎は面白いですよ!



副長 中村



【すごい差だなぁ[i:63943]】
ライブでも2階席とか立ち見はあるけど、うちの知ってるのではそこまで差がないからびっくり(οдО;)笑
【センセにも分かるように~】
副長さんは、ほのめかしがお好きなんだなぁ。

 水車と水と狐だけで演目が分かる人は通い慣れた人とか近世歌舞伎考を卒論でする人くらいじゃないかな?

 そうそう、数日前に読んでいた芭蕉の本では、初代市川團十郎さんは、芭蕉の江戸の高弟基角の友人(遊蕩仲間v-22)だったようです。しかも初代は舞台で斬り殺されたとのこと。芝居するのも命がけだねぇ。いえ、初代団十郎がこのたびの演目に関係あるとは思っていません。ただ、ちょっと江戸に心を飛ばしてみました。

【題材は・・・】
何を題材にした歌舞伎だったの?
題材によっては、たまに惹かれるものがあったりしますi-88
この記事へコメントする















07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。