2009 / 01
≪ 2008 / 12 2009 / 02 ≫
Page.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Page.939

最近昼間は暖かい。



春が近づいたように感じます。



でも、ゆだん大敵!!



インフルエンザには注意かな


毎年のことながらこの季節は、皆様の大切な時期です。
テスト・レポート終わったかな?
私はやっとすべて終わったので風邪をひくことができます。


皆様は私と同じ考えはもたれないように。


健康に春休みを迎えてください。


二番隊 浅田

スポンサーサイト
Page.937

 今日から試験期間に入りました。必死で試験&レポートに悪戦苦闘している人はたくさんいるでしょう。

 私自身も今日は試験一つとレポート提出一つを何とかこなしてきました。この期間は図書館などをのぞいて見ても、いつもよりも人が多くて驚きます。皆さん勉強しているみたいですが、ちらほらノートやテキストを広げたまま寝ている人も発見します。


 本題ですが、皆さんは試験とレポートどちらが好きですか?
 
 私はちなみに、レポート派です。理由は、よっぽど追い詰められていない限りは、ちゃんと考えて十分に見直しして提出出来るので、後々後悔する場合が少ないからです。一方で試験は、レポートよりその教科に費やす時間は少ないけれど、時間は限られているし、その日その時のコンディションで結果が多少であっても左右されるところが嫌いです。(特に記述式の試験)

 私は今まで何人かにこの質問をしてきたのですが、結果は大体半々くらいだったと思います。好き嫌いの理由も、人それぞれ違っていて興味深かったです。

 憂鬱な試験&レポートですが、こういう面から見てみると少し面白いです。本当に100人くらいに質問して分析したら、本当に興味深い結果が出ると思います。おそらく学科などによっても、質問の答えは違ってくるでしょうから。
 
副長補佐 中村


Page.928

春休みの屯所図書の貸し出しは以下のようにします。

貸出期間:1月21~27日
返却期限:4月7日
貸出冊数:5冊


二番隊 川口


                            

Page.936

私は和菓子が大好きです

「食べる」というよりは「見る」という方が好きかもしれません。
季節感あふれる和菓子は、本当に飾っておきたいくらいです
特に、今京都に住んでいるということもあり、京菓子に興味があります。

全然季節は違うんですが、最近ある番組で、

「十五夜にお団子ではなく、里芋をお供えしていた」

という話を聞きました。

実は今京都では、白くて丸い月見団子ではなく、下の図のように、餡で包み里芋の形に見える和菓子をお供えしているところもまだ残っているそうです。

tukimidanngo

 
季節感だけではなく、そういった深い歴史を感じさせてくれるのも和菓子の魅力だと感じました。

 

副長 清水



Page.926

皆さん、共同演習お疲れさまでした。

上位三作品は今後の共同演習の参考のため、屯所にて大切に保管させていただきます。

ですので、持ち帰ることは出来ません。

 

そして、残念ながら上位三作品に入らなかった班は、自分たちの作品を取りに来て下さい。

引き取り期限は1月27日(火)までです。

それまでに引き取りがなかった作品は、こちらで処理させていただきますので、ご了承下さい。

情報図書館学の作品につきましては、1月19日(月)以降の引き取りとなります。

半期の苦労を重ね作り上げた作品ですので、是非ともお持ち帰り下さい。

三番隊  佐藤



Page.935

今回は2種類の本について紹介したいと思います。

まずは今読んでいる『幕末史』という本です。
ベストセラーとなった『昭和史』の著者・半藤一利さんの最新作です。
今読んでいる場面はまだ始めのほうなのですが、ペリー来航の真相から、当時の幕府の情景が細かく描かれています。
この前、危うく電車を乗り過ごしそうになりました(笑)

次はこの前に読んでいた藤井邦夫さんの『歳三の首』という本です。
これは夏頃からずっと読みたかったのですが、後期の忙しさからゆっくり読む機会が取れず、最近読み終わった本です。
この小説は全てフィクションでした。
タイトルだけ聞いた時は、様々な仮説のもと、本来、土方歳三の首がどこにあるのか…ということが書かれてあると勝手に想像していました。
しかし主人公は元新撰組二番隊組長・永倉新八。
そして土方歳三の小姓であった市村鉄之助と一緒に“歳三の首”を探すという物語でした。
その情景には様々な遺恨が関わってくるのですが、これは私が説明するより、読んでみたほうがしっくりくると思います。
そして結末!!
これにはホント驚かされました。
ちなみにこの本を読んでいる時は、本当に乗り過ごし、気付けば烏丸でした

この2冊はぜひ読んでみてください。
と言っても、歴史好きじゃない人にとっては、面白くないのかもしれませんが(笑)

ちなみに私は『幕末史』を読み終わったら、星亮一さんの『会津籠城戦の三十日』を読もうと考えてます。
1週間前に発売されたのですが、書店で見つけて目が輝きました

長々と私の趣味を語ってしまいすみませんでした(笑)

二番隊 川口




Page.934


 はじめまして。

 日文1回生の梅木です。

 これから宜しくお願いします。



三番隊員 梅木



Page.933

こんにちは!吉村です。

やっとこさ、風邪も治った・・・ような気がします(笑)
そんな中今日は友達と飲みに行ってきます
昨日も軽く一杯飲んだのですが、弱くなったのかすごく眠かったので、今日どれだけ飲めるか楽しみです♪

さて、先日紹介した「CSI:シリーズ」ですが、この度、こんなものが発売されることになりました
週間 CSI DVDコレクション←クリックして見てみて下さい★(学校の理科室にあったような人体模型が大丈夫なら・・・笑)

もちろん定期購読しましたが、総額は見ないことにします(笑)
これは、毎号2話収録されたDVDと解説などの冊子があるのですが、確実にDVDはボックスを買った方が安いです。でも!その冊子が読みたいので、買います
これを置く場所を早く決めないといけないですが・・・届いてからにしたいと思います(笑)

一番隊員 吉村



Page.932

昨日投稿を忘れていた小林です。
すいません。

皆さんボランティアしていますか?
私は小学校でボランティアをしていますが、
ボランティアにもいろいろ種類がありますよね。

私の知人はこの2月、海外の発展途上国で、貧しい子どもたちと
一緒に学校を作るボランティアに行くそうです。
私の幼馴染は、海外の日本語学校のボランティアに行っているそうです。

私はまだ海外に出たことがないので、
海外と言われてもどんな場所なのか全く想像できません。
自分の視野が広がったり、そういうボランティア活動に行ったら、
一気に大きく成長できるんだろうなぁ…って思っています。

いつか私も海外に出て、大きくなって帰ってきたいな。


一番隊長 小林



Page.931

こんにちは!
毎回趣味の紹介をしている気がした佐藤です。

まぁ、そんな些細なことは気にせず、どんどん行きましょう!

今回はこちら・・・・・・

ガラスペン

ガラスペンです。

どうですか、綺麗でしょう!

このガラスペンは私が高校時代に購入した思い出の一品。
いろんなところでネタにしまくっていますが、そんなことは気にしません 笑

中には初めて見たという方も多いかと思います。
このペンを使うためにはインク瓶が必要なため、あまり便利なものではないですし、仕方ありませんよね・・・

では何故私がこんな不便なものを持っているか。
それはホラ、もちろんこれが趣味だからです!

ガラスペンは羽根ペンと同じようなタイプのペンなのですが、羽根ペンとは違い、メチャクチャ長く書いていられるんですよね。
確か1回インクを付けただけで、はがき一枚は書けたはず!

あ、ちなみに佐藤は羽根ペンも持ってます。

そうそう、このガラスペンは佐瀬工業所さんで購入したものです。
興味のある方はぜひ覗いてみて下さいませ☆

気軽にゲットしたい!使ってみたい!という方は怖がらずに佐藤まで。
外国産のものなど、2000円くらいからのガラスペンを売ってる場所を知っています。
プレゼントにすると結構喜ばれますよ!

三番隊隊員 佐藤


12 | 2009/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。