2006 / 12
≪ 2006 / 11 2007 / 01 ≫
Page.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Page.503

資料組織Ⅰ

B1班 スターウォーズ 乗物博物館
 超有名映画を取り上げ、博物館にしたという発想が面白かったと思います。人物ありきと主張している割に、誰が乗っているのかが分からなかったり、索引が無いのが惜しいです。

B2班 沖縄くわっちー
 沖縄料理というタイムリーテーマで、テーマ性がとても良いと思います。写真が全てあり、作り方も載ってて、見たい人が多い作品だと思います。請求記号を丁寧にしすぎ、更に説明不足のため、少し分かりにくくなってしまったのが惜しいです。

B3班 PDOチーズを食べよう!
 チーズという無難な分類になりがちなものを、食べ方で分類したのがとても良く、利用者のニーズにズバリ応えていると思います。ですがとすると、記載項目が生産者団体など利用者の必要としない項目の比重が大きいように感じます。味についての詳しい説明などがあったら良かったと思います。

B4班 ぐりこえほんからたどる教訓
 実際に教訓を知りたがるお母さんが多いので、教訓に着目した点が良かったと思います。なので、分類方法はグリム等より上に教訓が来ていたほうが尚良かったのではないかと思います。

B5班 海遊館のさかな
 魚をビジュアルで分類しているので、膨大な数の魚のすべてにカラー写真が有ったのが雰囲気が伝わってきて良かったと思います。魚の生態をもっと詳しく記載したり、折角海遊館の魚に着目しているのでもっと海遊館と言う魅力を生かせたら良かったと思います。

B6班 京都府立植物園に見る食虫植物
 袋型・筒型などをアイコンで表したのが非常に効果的だったと思います。請求記号(=分類表)に難しい言葉が多く専門的なので、分かりやすい説明があれば尚良かったと思います。

B7班 絵巻物
 一冊としての作品の出来栄えが抜き出て良かったです。構成力・情報量などの全体的なバランスが素晴らしいです。既に分類されたジャンルではありますが、分類が若干無難だったのが惜しい所です。あと、絵巻の雰囲気をもっと出せたら良かったのではないでしょうか。

B8班 楽器たちのオーケストラ
 分析合成型に挑み、楽器の音色など、上手く分類することが出来たと思います。納得しました。しかし本編の並び順が請求記号を生かせて無かったのが惜しいと思います。

B9班 ルネ・ラリックの香水瓶
 概念図が丁寧で分かりやすく、そこだけでもやろうとしていることが伝わってきました。INDEXも適切で、形の説明なども丁寧で分かりやすかったです。写真の大きさや項目記載内容などのレイアウトをもう少し工夫すれば良かったと思います。


情報サービス
S1班 日本の城について知りたい
 情報量が非常に多く、様々な方面から城について知ることのできる内容の濃い1冊だと思います。制作者の城に対する情熱があふれています。索引を付けて完成させていれば、歴代でも上位に残るほどの作品となっていたと思います。情報サービスという科目の醍醐味が詰まった1冊です。

S2班 戦国武将 真田幸村
 幸村という人物を知るのに必要な情報がキッチリ整理されまとめられていると思います。伝説かどうなのか…というところが面白みであるので、確かな情報と不確かな情報を別々に整理し、比較させるという方法を取ると、もっと面白いものになったのではないでしょうか。

S3班 アンコール・ワット
 アンコール・ワットについて初心者が様々な方面から知るのに必要な情報が、コンパクトにまとめられていると思います。レリーフという題材が神秘的ですね。複雑に相互し合う情報を扱うので、索引がもっとしっかりできていれば尚良かったのではないでしょうか。

S4班 京のわらべ歌
 資料が少ないジャンルに果敢に挑戦した努力の作品ですね。膨大な情報量になったと思いますが、類歌にまで幅を広げてまとめたのが良かったと思います。自分の地元の歌などを知ることができて面白いです。本音を言うとメディアを扱ったので、楽譜だけでは無く音を聞かせられるような工夫があれば抜きん出ていたでしょう。

S5班 Beethoven
 ベートーヴェンという人物について理解を深めながら、この本の使い方についても分かっていく…。はじめの、本編への導入部分がとても良いと思います。ここも音というメディアを扱っているので、例えば、この曲だったらこの演奏者のこのCDがオススメ、というような情報も併せて提供できたら尚良かったのではないでしょうか。

S6班 AUDREY HEPBURN
 装丁・雛形の華やかさ等がテーマと合致していて非常に良いと思います。様々な方面からオードリーについて知ることができ、リンクや索引の細かさも申し分ない出来です。

S7班 小泉純一郎 前内閣総理大臣
 時期的にも最適で、小泉首相在任期間に何が起こったかを知るのにとても便利な一冊だと思います。ただそれらの情報が小泉首相とどう関連があったのかを知るのには少々物足りなさを感じます。

文責A・N


スポンサーサイト
Page.502

☆資料組織Ⅰ、2006年後期 学生相互評価

 一位 B7班 平均37.9 絵巻物
 二位 B3班 平均37.8 PDOチーズ
 三位 B4班 平均34.1 ぐりこ絵本

★情報サービス、2006年後期 学生相互評価

 一位 S6班 平均42.5 オードリー
 二位 S3班 平均35.7 アンコールワット
 三位 S5班 平均33.5 ベートーヴェン

以上、学生相互評価の上位結果です。
2007年一月11日に、総合評価がでる予定です。
関係受講生の皆様、ごくろうさまでした。
(谷口)


Page.501

2006年12月14(木)、無事表記二科目の課題作品を受け取りました。
 夏休み前からの準備だけあって、いずれもよい出来映えでした。
 ご苦労さまでした。
 順位などの結果は2007年1月に「Truth」紙上で発表いたします。
 楽しみにしてください。

 写真は、二科目全作品の表紙と、当日提出者のコラージュです。
 作品も人も、よく写っています。(谷口)



CharacollageS.jpg

BookCollage.jpg



11 | 2006/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。